スポンサーリンク

フランクリン・プランナーを使いこなすとは?

フランクリン・プランナー時間・行動管理
私はフランクリン・プランナーに出会って18年と、ずいぶん経ちますが、未だに使いこなせているとは言えないです。これが使いこなせると、理想の自分になれるんだ!という期待を持つわけですが・・
スポンサーリンク

でも、そもそもフランクリン・プランナーを使いこなすとはどういうことなのか?

フランクリン・プランナーはあくまでツールなので、ツールを使いこなしたところでそれ自体には意味がないですよね。要は、フランクリン・プランナーを使って自分のミッションを実行できるよう日々成長することが大事で、それができれば、ツールとしてのフランクリン・プランナーを使いこなしたことになるんだと思います。  

 

最初、フランクリン・プランナーに出会ったときは、価値観を明確にし、優先順位をつけ、価値観に基づいた生き方をしようと学びました。しかし、コヴィー社と合併して、7つの習慣を実行するためのツールになったとき、単純に価値観を根本にしてはいけないとあり、困惑したことがあります。  

 

そして、新たにミッション・ステートメントを書こうということになり、ミッションと価値観の関係がわけわからなくなった時期がありました。  

本当に大事なのは、価値観かミッションかということではなく、原則に基づいたミッション、価値観が大事で、それに基づいた生き方自体なんですね。それを実行するために、フランクリン・プランナーはあるわけで。  

この、原則に基づいたというところがブレてしまえば、結局第三世代の手帳になってしまうんだということに改めて気がつきました。   いわゆる真北の法則。宇宙の法則とでもいおうか、この世の永遠不変の法則に基づいた生き方が大事。  

じゃあ、その原則とはなにか。

実は、そんなこと学ばなくても、もともと自分の中にあると思います。それを思い出すために、コヴィー博士は7つの習慣を著したんだと思います。  

今一度、7つの習慣を読み返しで、原則に基づいた生き方をするために、フランクリン・プランナーを活用しようと思います。

コメント