スポンサーリンク

愛用のノート

ニーモシーネ文具の話

仕事の上で必須になるのが、ノート。以前は、手帳の中にノートのセクションを用意してましたが、最近は手帳とノートを分けるようにしてます。 こうすることで、手帳を薄くできるので、仕事以外の時も手帳を持ち歩くのが苦にならなくなりました。

スポンサーリンク

愛用のノートはニーモシーネ

私のノートの用途は主に「思考を料理するまな板」です。仕事の上での考え事は手を動かしながら紙にペンを走らせたほうが思考が進むので、ノートを使います。 打ち合わせにも使いますが、打ち合わせの場合は、その日のうちにiPhoneで撮影してevernoteに放り込み、バックアップもとるようにしてます。 思考のツールで考えると、大きめのノートが良いのですが、持ち歩きに不便なのでニーモシーネのA5サイズを使っています。 最近マイブームなマスキングテープでちょっとだけデコってます(笑)

ちょっとした工夫

表2部分は付箋を貼り付けてあります。アイデア出しに小さめの付箋を多用するのでこれぐらいいつも常備してます。 白く見えるのはメンディングテープ。メンディングテープの上に付箋を貼っておくと、簡単に剥がれないのでオススメです。

ニーモシーネの気に入ったところ

このノートは片面だけ使うように設計されているので、一見無駄な気がしますが、このほうが管理が楽なのと、書きやすいです。 横長に使うのでリングも邪魔にならないですし。この横長に使うというのが一番気に入ったところです。方眼で横長だと、応用範囲が広いんですよね。 かのマッキンゼー式にも使えます。 タイトルの上にある線は、ミシン目になってて、ここで切り取るようになってるんですね。 なので、切って渡したり、不要なページを捨てるのも簡単。必要なページだけ残せて便利。 紙質も良いので、どんなペンで書いても快適ですし。(これ大事な要素ですよね)

保存はどうする?

私は記録を残しておくためのノートや勉強ノートというより、先述のとおり考える時や打ち合わせの時に使う目的なので、あんまり綺麗に書かない人です。 なので、このノートをいかに保存するかということは考えておらず、綺麗に清書しておきたいものは、改めて手帳(フランクリン・プランナー)に書き写しています。 もしくは、iPhoneで撮影してevernoteに放り込んでおきます。 使い終わったら、捨てずにしばらく保存しておきますが、読み返すことはあまりないですかね。 ノート術の本を読むと、このサイズが良い!とか、このノートが良い!と書いてありますが、一番大事なのは、フィーリングだと思います。その上で自分の用途に合うものを探した方が良いと思います。 みなさんも、お気に入りのノートを見つけてくださいね。

スポンサーリンク
文具の話
@セルフマネジメントハックをフォローする
セルフマネジメントハック

コメント