スポンサーリンク

手帳を活用してストレス解消しよう

手書き変化をもたらすヒント

スケジュール管理に限らず、目標の管理や体調管理、メモやチェックリストなど、活用範囲の広い手帳。 この手帳が、ストレス解消に役立つってご存知ですか?

スポンサーリンク

手帳に手書きがストレス解消に

スケジュール管理はスマホか紙の手帳か?という議論はいつまでたっても結論がでないですが、私は紙の手帳を推してる派です。もちろん、ログなどはデジタルデバイスに残していますが。(このあたりの使い分けについてのことは改めて書きたいと思います。)

私が紙の手帳にこだわっているもう一つの理由がこの「ストレス解消になる」ということなんです。

パソコンやスマホだけしか触らないと、どうも調子が悪いというか、モヤモヤすることが多かったんです。手帳にいろいろとメモしたり、スケジュールやプロジェクトのチェックをじっくりしているときは、スッキリするんですよね。(個人の感想ですが)

単に気分が変わるからそんな気がするだけかなと思っていたんですが、ちゃんと理由があったんですね。

ちなみに手書きについての書籍もあります。こちらも参考までに。

道具にはこだわろう(手帳選びのポイント)

手帳とペンに関しては、実用的なことよりも「気にいるかどうか」というのを重視したモノ選びをおすすめしたいです。手帳を選ぶ時に、スケジュール欄がどうとか、メモページがどうとか、そういうこと「だけ」に意識が行きがちですが、それよりも大切にしたいのが、この「気にいるかどうか」です。

持ってる自分のセルフイメージが上がるか、手触りがしっくりくるか、色や大きさなど、とにかく自分のお気に入りのものを徹底的に探すと良いです。

そうすると、大切にできますし、記入したことも大切になってきます。そうすると手放せないアイテムになり、さらに愛着が湧き、無くてはならないパートナーになります。

手帳術はその後に探求してみても遅くはないです。

ちょっと使いにくいなと思えば、付箋などを使っていろいろ工夫してみる。この工夫も、やってみれば楽しいものですし、そうして手をかければかけたぶん、また大切なものになり、愛着がさらに湧きます。

モノとして大切にしたいと思えることが手帳を活用する上での大事なポイントです。

そして、その大切な手帳に手書きすることで、ストレス軽減の度合いは高まります。

お気に入りの手帳とペンで手書きすることで、ストレス解消しよう

日常的にペンで書き物をされている方もいらっしゃると思いますが、デスクワーク主体で、仕事ではPCしか使わず、プライベートではスマホだけ、字を書くことなんて滅多に無くなっちゃったという方も増えてきているのではないでしょうか?

そんな方はぜひ、スケジュール管理を始め、セルフマネジメントのために手書きの手帳にしてみてください。

お気に入りの手帳とペンで、ほんのすこしでも手書きをする時間をとると、ストレス軽減につながりますよ。

コメント