スポンサーリンク

仕事の効率とパフォーマンスをあげる休み方

休む技術健康管理
スポンサーリンク

睡眠の種類と日中のパフォーマンス

睡眠いはレム睡眠とノンレム睡眠の2種類があることは、ご存知のことと思います。この2種類の睡眠を繰り返すことをあなたは知っていますよね?

実は、眠っている時だけではなく日中の活動中にも同じような周期があるのをあなたは知っていましたか?

そして、その周期があなたの仕事のパフォーマンスにとても大きな影響を与えています。

書籍「忙しい社長のための休む技術」によると、、、

人間は夜にだけ休むようにはできていない。

ナサニエル・クライトマンは5段階に分かれる90分の睡眠周期に「基礎的休息活動周期」という名前を与えてから10年後、人の生体リズムには目覚めている時間帯にも同じような90分の周期があると主張した。

夜間には浅い睡眠から深い睡眠へと移行する。日中には注意力の波が同じように90分ほどの周期で訪れる。

これは「ウルトラディアン(縮日)リズム」と呼ばれるもので文字通り「1日より短い」周期を意味する。

実際に人の身体は90分おきぐらいに休息を求めている。

私たちはしょっちゅう…仕事に追われている時は特に注意力が散漫になったりイライラしたりするが、体が休息を求めている合図でもあるこの変化を無視している。

〜中略〜

優れた実績を上げる人たちは自分の体の周期を直感的に理解している。

最も優秀なバイオリニストたちが練習時間を長くても90分までに制限しているのはそのためだ。

他の研究者達も、チェスやスポーツ、科学的研究などさまざまな分野の一流の専門家たちが、およそ90分の周期で活動しそのあとは休憩をとることを突き止めた。

一方大抵の人は継続して働くのが”集中して夜遅くまで休みなく働き続けるのが生産性を上げる一番の方法”だという誤った思い込みに基づいて行動している。

「忙しい社長のための休む技術」P90・91

生産性をあげるのに必要なのは90分に1回休憩をとるだけ…ほんと?

多少効率が悪くても休憩を取る時間を働く時間に当てた方が仕事が進むのではないか?とか
集中力が切れるまでは、ぶっとうしで働き続けた方がいいんじゃないか?本当に効果があるのか?
と思うのが普通だと思います。

というのも、”休憩を取る方が仕事が進む”というのは、なんだか反対のことを言っているように思うからですね。

本書で製薬会社のある経営幹部が紹介されれいますが、この方も同じようにその効果を疑っていしました。
が、たった20分の休憩を試しに午後に1回だけ入れただけで、仕事の生産性を劇的に変えることができたのです。

他にも、この書籍「忙しい社長のための休む技術」には「休む」だけで、仕事のパフォーマンスを上げるちょっとずるい方法を紹介しています

効率とパフォーマンスを上げるための休み方を身に着けたい方はぜひ読んでみてください。あなたが社長でなくても大丈夫です。

「忙しい社長のための『休む』技術」

コメント